中国語教室検索サイト

 
【プロフィール】 【特定商取引法】 【よくある質問】 【お問い合わせ】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ 中国語教室さまへ 登録教室 一覧 中国の学習教材
 
 
 

  中国語の発音

外国語を学習する時、特に入門期に単語の読み方をカタカナで記したくなるものです。母音や子音の発音が日本語と大差ない場合は、この方法も決して悪くはありません。
 
しかし、中国語の場合は、子音だけ見ても「反り舌音」とか「無気音・有気音」など、カナでは表しにくい音があり、仮にカナを工夫しても、中国語ではアクセント(声調)がつかないと、 言葉として理解されません。
 
 
声調は、標準語(北京語)の場合、語尾を同じ音の高さで発声(第一声)、
語尾を上げる(第二声)、一旦下げた語尾を再び上げる(第三声)、
語尾を下げる(第四声)の4種があることから、四声 と呼んでいます。
 
この四声を誤って発音すると、意味が全く異なることがあるので、注意が必要です。
発音
 
 
カタカナで書くと「マイ」となる音を第三声で発音すれば「買う」、第四声で発音すれば「売る」という意味になってしまいます。
同じ「マイ」でも声調によって全く違う意味になってしまうのです。
発音
 
このことから、中国語学習の際、単語の読み方にカタカナを使う事はあまりお薦めしません。
標準語(北京語)以外の方言では、声調の種類が四つどころか、さらに多くの高低上下を区別しなければなりません。 上海語は五声、広東語はなんと九声もあります。

標準語(北京語)は方言に比べ、声調も、母音も子音も数が比較的少ない(とは言え日本語よりはかなり多いですが)ので、日本人にとって習得しやすいといえるでしょう。


次項では、中国語の必要性についてみていきたいと思います。


無料ホームページ作成
 
中国語教室を探す
 
中国語教室登録者一覧
中国語教室の選び方
教育訓練給付制度
中国語レッスンジャンル
体験レッスン
 
 
中国語について
 
中国語とは
中国語の種類
中国語の文字
中国語の発音
中国語の必要性
 
 
資格・試験情報
 
資格試験・検定試験
漢語水平考試(HSK)
中国語検定
ビジネス中国語検定試験
その他の試験
 
 
中国(台湾)語学留学
 
語学留学について
語学留学サポート機関
 
 
当サイトを作った想い
 
当サイトを作った想い
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較サイト
ピアノ先生検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ダンス教室検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
利用規約
お問い合わせ
 

Copyright © 中国語教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告

by 無料ホームページ制作講座/作成